ステータス重視

ステータス重視

ステータス重視でクレジットカードを選ぶならゴールドカード以上がオススメです。

ただ、最近のゴールドカードは様々なタイプがありますので、ステータスを重要視する場合は、その中からより質の高いものを選ぶ必要があります。

ゴールドの上をいくプラチナカードも御座いますし通称ブラックカードと言われるものも存在します。

ステイタスにこだわりたい方はそういったことも含めてカードを検討すると良いかと思います。

ここでは、特にステータス性が高いカードを以下に紹介します。カード選びの一つの参考になさって下さい。

※高い順ではなくカードの一覧です。
※確認はしておりますが増税で年会費が変動している可能性があります。

詳細は公式サイトでもご確認下さい。

ステータスが高いクレジットカード一覧

三井住友プラチナカード・・・[年会費50,000円+税]

ダイナースクラブカード・・・利用金額に一律の制限を設けないステータスが高いカード。[年会費15,000円(税抜)]

プラチナカード(アメリカン・エキスプレス)・・・案内(招待制)があった方だけが所有できる極めて特別なカード。まずはアメリカン・エキスプレスゴールド・カードに入会しましょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード・・・ステータス性の高いゴールドの一つ。[年会費29,000円+消費税]

JCBザ・クラス・・・JCBカードの最上位。[年会費50,000円(税抜)]

MUFGカードプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード・・・[年会費20,000円(税抜)]

JCBゴールドザ・プレミア・・・ワンランク上のゴールド。一定の条件を満たした方が案内されます。「JCBゴールド ザ・プレミアサービス年会費:5,000円(税別)JCBゴールド年会費:10,000円(税別)」

SBIプラチナカード・・・[年会費31,500円]

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・・・ステータスがありながら低価格なプラチナカード。[年会費20,000円(税抜)]

シティプラチナカード・・・25歳以上から申し込めるプラチナカード。[年会費35,000円(税抜)]

Orico Card THE PLATINUM・・・申込資格の年齢が20歳以上かつ年会費が2万円と比較的申し込みやすいプラチナカード。[年会費20,000円(税込)]

レクサスカード・・・レクサスオーナーだけが申し込める特別なカード[年会費21,600円(税込)]

チタンMasterCardカード・・・ステータス高い。詳細は現在調査中。

ダイナースクラブ プレミアムカード・・・シティグループ最高峰。[年会費95,238円(税抜)]

センチュリオンカード・・・アメリカン・エキスプレスの最上級で通称ブラックカードと言われるカードです。招待制で謎に包まれている部分は多いです。ウェブサイトも会員限定。

豆知識

ゴールド以上の、例えばプラチナカードや通称ブラックカードについては以前は招待制がほとんどでした。一定の条件を満たした方や優良な会員に案内が送られるといった仕組みです。そのため、謎に包まれている部分が多かったのです。

しかし、今はプラチナカードに関しては申込制が増えています。つまり、自ら申し込むことが可能なため以前よりは持ちやすくなっています。(審査があります)

見てわかる通り、ステータスの高いクレジットカードの年会費はとても高額ですが、相応の非常に質の高いサービスが付帯しています。特にコンシェルジュデスクは大きな魅力の一つです。

おすすめ&定番人気カード

三井住友VISAカード・・・信頼と安心の1枚。入会キャンペーン有り

エポスカード・・・特典が豊富!即日発行も可能

楽天カード・・・定番の人気カード。新規入会特典有り

その他のおすすめクレジットカード一覧

このページのトップへ