誕生月にはこれ!

一時は、クレカ選びのポイントとして還元率の高さが重要視されておりましたが、最近は高還元率のクレジットカードというのは減っております。(還元率の引き下げ、サービス終了、申込受付停止の流れが多発)

また、極端に還元率が高いというものもほぼなくなりました。

そのため、還元率だけにこだわる必要はなくなりつつあり、今は自分のライフスタイルに合わせて選んだり、特典・優待で探したり、より見極めが重要となりました。

しかし、そんな中、誕生月だけではありますが、その月ピンポイントで高還元率になるクレジットカードがあります。

それは、当サイト内でも何度か書いておりますが、「ライフカード」です。

誕生月はポイントが3倍になるのです。つまり、還元率が1.5%になるわけです。

こうなってきますと、昔よくあった高還元率クレカと同レベルの水準になりますので非常にお得です。

もちろん誕生月のみではあるのですが、年会費無料(初年度はもちろん次年度以降もずっと無料)なのでその月のためだけにライフカードを作るのもありだなと思います。維持費がかからないので保有していても特に大きな損はないからです。

ただし、あくまでも当サイトの予想(このページの執筆者)なのですが、多少の注意点として改悪には注意しておきたいです。

どういうことかと言いますと、このライフカードの誕生月にポイント3倍というのは、以前はさらにお得な5倍だったのです。つまり、改悪されました。

もちろん、それでも(3倍でも)かなりお得ではあるのですが、そういった前例があるので最悪なケースも想定しておいた方が良いとは思います。

ただ、もしこれ以上下がりますと(3倍より下がるという意味です)、ライフカードの特徴自体が薄れるので最悪な状況(他がさらに還元率を改悪したなど)になってもバランスは取ってくるのではないかとも予想はしております。

最初に書きましたように、最近はポイント還元率の高さにこだわる時代ではなくなりつつあるので、さらにその傾向が加速すれば相対的に下がる可能性はありえますが、特徴がなくなるとかなり微妙なクレジットカードになりかねないのでそういう意味でバランスを取るはずです。(あくまでも個人的な予想ですが)

≫ライフカード<年会費無料>の特徴

それでもお得なのは確か!

繰り返しになりますが、上記注意点を考慮したとしても、現時点では誕生月ポイント3倍というのはかなりお得なのは間違いありません。

もちろん、総合的に細かく分析し比較すれば、他にもライフカード以上にお得になるクレカはあるとも思いますが、それを正確に分析し探し出すのは面倒なものです。

簡単に書きましたが、要するに自分のライフスタイルや年会費、還元率&年間に使うであろう予想金額を計算した上、年会費永年無料で誕生月が1.5%のライフカードより良いのか悪いのかをチェックするというのは比較的面倒ではあるのです。

それなら、誕生月ポイント3倍という部分を売りにしているライフカードをサクッと作ってしまうのは時間の無駄も省けますし、大きなミスはありません。

誕生日月というのは一ヶ月間はあるので、そこをピンポイントで狙ってライフカードを持つのは一つの手軽なお得テクニックとして使えるのではないでしょうか。

なお、詳細については、 ライフカード の公式サイトでもご確認下さい。

関連お得情報:

L-Mall(エルモール)というライフカード会員限定のショッピングモールを経由させて買い物をすることでポイントがお得貯まります。

例えば、楽天市場やYahoo!ショッピング、iTunes Storeといった人気ショップはもちろん、当サイトで記事にしている部分では、ジャニーズ館でお得になったり、生涯学習のユーキャンでお得になったりします。他にも多くのショップがあります。

このページのトップへ