JALカード TOP&ClubQの特徴

JALカード TOP&ClubQの特徴(おすすめポイントや弱点)

noimg

年会費:2,000円(税別)初年度無料
付帯保険(一例):救援者費用(年間限度額)<海外旅行>
海外旅行傷害保険:最高1,000万円
国内旅行傷害保険:最高1,000万円
発行:審査を含め約4週間程
お申込み資格:18歳以上(高校生除く)の方で日本に生活基盤があり日本国内での支払いが可能な方

JALカード TOP&ClubQの特徴のおすすめポイント!

・マイルとTOKYUポイントがたまる
・PASMOオートチャージサービス付き
・JALと東急のサービス

JALカード TOP&ClubQの特徴はマイルとTOKYUポイントの両方を貯めることが可能で、PASMOオートチャージサービスも利用できる便利なクレジットカード。

つまり、JALカード(普通カード)との簡単な違いはTOKYUポイントが貯まる点とPASMOオートチャージサービスも利用できる点です。

他の内容についてはほぼ同じですので東急百貨店・東急ストア・東急ハンズなど全国のTOKYUポイント加盟店をよく利用する方や電子マネーを使いたいかたならJALカード TOP&ClubQの方がオススメです。

繰り返しになりますが、「PASMOオートチャージサービス付き」という点がこのカードの大きな特徴です。現金によるチャージの手間が省けます。

また、上記と関連しますが、JALと東急のサービスも利用できるカードです。普通のJALカードのサービスに加え、東急系の映画館でのカード提示でお得に使えたり、東急線定期券を簡単に購入できたりと東急のサービスが利用できるのです。

詳細は公式サイトでもご確認下さい。

また、ワンランク上のCLUB-AカードやCLUB-Aゴールドカードを選択すれば年会費は高額になりますが、付帯保険など含め様々なサービス(入会搭乗ボーナス、毎年初回搭乗ボーナス、搭乗ごとのボーナス)がより充実し質が高まります。

ただ、普通カードでも旅行傷害保険は自動付帯で最低限の補償は付いており、特に大きな補償を求めていない場合は普通カードでも問題ありません。

JALカード TOP&ClubQの弱点は?

・東急系の利用がない場合は魅力は減少する
・付帯保険が少し弱い点

確かに東急系のお店の利用がない方は魅力が減少するので持つメリットは少なくなります。

ただ、東急系の利用がほとんどなくてマイルだけは貯めたい場合はJALカード(普通カード)を選択すれば良いとも言えます。

また、付帯保険については、上でも書きましたように、CLUB-AカードやCLUB-Aゴールドカードを選択すれば解決します。

JALカードの良い所は、選択肢が幅広く用意されている点なので自分にあった一枚を選択すれば良いでしょう。