ANA JCBカードの特徴

[ANA JCB一般カード]の特徴

noimg

年会費:2,000円(税別)初年度無料
付帯保険:ショッピングガード保険
海外旅行傷害保険:最高1,000万円
国内旅行傷害保険:
国内航空傷害保険:最高1,000万円
発行:オンライン入会で~1週間目安※要確認
お申込み対象:18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方で日本国内の金融機関に個人口座を持っている方

※18歳以上で学生の方は「ANA JCBカード<学生用>」をお申込み下さい。

公式サイト>>ANAJCBカード

ANA JCBカードのおすすめポイント!

・ANAマイルがたまるカード
・ANAカード+JCBカードで機能がUP
・楽天Edy搭載

ANA JCBカード(一般カード)は、その名前通りでマイルが貯まるJCBカードです。

まず、入会キャンペーン中であれば入会するだけでポイントがたまり、同上事のボーナス、翌年以降継続にてマイルが貯まる特典もあります。

もちろん、ショッピングでも貯めることが可能です。ANAカードマイル提携店や対象商品を利用する時、ANA JCBカードにて支払うことでマイルが貯まる特典です。100円=1マイル

また、JCBのサービス「Oki Dokiポイントプログラム」ですがANAのカードならマイルへの移行が可能です。(ANA マイレージ移行サービス)

通常の利用では1,000円=1Oki Dokiポイントたまるのですが、その1Oki Dokiポイント=10マイルです。

このような仕組み(特典・キャンペーン含め)でマイルがたまりやすいカードの一つです。

続いて、「ANAカード+JCBカードで機能がUP」について簡単に説明します。

上記のANA マイレージ移行サービス(JCBのサービスであるOki Dokiポイントプログラムをマイルへ移行)やJCBの基本サービス以外では、ANAカード会員専用のビジネスきっぷやANAショッピング astyleでの割引、ANA国内線・国際線機内販売割引などのサービスが利用できます。

次の「楽天Edy搭載」もおすすめポイントです。楽天Edyの支払いでマイルがたまります。200円につき1~2マイル。

このように、ANAマイルをためたい方でJCBのサービスも好きな方には最適なクレジットカードです。

ANA JCBカード(一般カード)の弱点は?

デメリットとしましては、

・付帯保険がやや弱い
・その割に年会費が2,000円
・ボーナスマイルが上位カードと比べるとかなり低い気がする
・国際ブランドがJCB

といったことが挙げられます。

付帯保険とボーナスマイルなどが気になる方は、ANA JCBワイドカードやANA JCBワイドゴールドカード、またはその上のプレミアムを検討すると良いでしょう。プレミアムであれば付帯保険は最強レベルです。

年会費が高いと感じる若い方(18歳以上(学生不可)、29歳以下)はANA JCBカードZEROというカードもあります。付帯保険を気にしなければZEROの方がおすすめです。

学生であれば、年会費が在学中無料のANA JCBカード(学生用)を選べば解決します。

また、国際ブランドがJCBというのが気になるのであれば、ANA VISA SuicaカードやANA VISAカードを選べば良いです。(三井住友VISAカード)

このように、一般カードピンポイントで考えるとデメリットは少しあるとは言え、他に選択肢が多々ありますのである程度は解決出来るでしょう。

詳細は、ANAJCBカード公式サイトでもご確認下さい。

ANAJCBカード