ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の特徴

ソラチカカードの特徴(おすすめポイントや弱点)

noimg

年会費:税抜2,000円(初年度無料)
付帯保険:ショッピングガード保険等
海外旅行傷害保険:最高1,000万円
国内航空傷害保険:最高1,000万円
発行: 約4週間ほど
お申込み対象:18歳以上(高校生を除く学生含め)本人または配偶者に安定継続収入のある方。

ソラチカカードのおすすめポイント!

・ANAカードとTo Me CARD PASMOが一つになっている
・オートチャージサービス機能あり
・定期券搭載可能
・メトロポイントもたまる
・付帯保険もある程度充実している

現時点ではANAカードの中で最もオススメなカードです。

まず、名前の通りANAカードとTo Me CARD PASMOが一つになっているため、飛行機、メトロ、ショッピングも1枚でOKです。

ANAとPASMO派の方で、あれこれ試したりしたことでカードを複数持っている方には、まさに最適な一枚になります。

ANAカードとPASMOを1枚で持つことが出来るからです。

PASMOオートチャージサービスサービス機能も有りですので現金チャージの手間が省けます。残高不足を気にするようなことはなくなります。非常に便利です。

また、定期券を搭載することも可能です。

※搭載できる定期券は、東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道で発売している定期券。

さらに定期券購入(カードにて)でポイントがダブルで貯まるのでお得です。(メトロポイントも貯まるため)

このように、メトロポイントもためることが出来るのですが、そのメトロポイントはANAのマイルに移行することが出来ます。しかも100ポイント→90マイルです。

また、楽天スーパーポイントにも移行可能で使い勝手も良いです。

繰り返しになりますが、ANA派・PASMO派に最適なクレジットカードです。

続いて、「付帯保険もある程度充実している」についてですが、これだけの嬉しい機能が付いて、さらに年会費初年度無料、通常も2,000円(税抜)と維持費も安いのですが、付帯保険は比較的充実しています。

海外旅行傷害保険については最高1,000万円、国内航空傷害保険は最高1,000万円です。また、ショッピングガード保険、カード盗難保険と最低限は安心の保険が付帯しています。

ソラチカカードの弱点は?

あまりありませんが、デメリットとして考えられることは、ANA派・PASMO派以外の場合、メリットが減少する点です。

また、現時点では上位カード(例えばゴールドカード)がないのでより質の高いサービスや付帯保険を求める方には見劣りする部分があるかもしれません。

ただ、逆を言えばANA・PASMO派の方でシンプルなカードを探している方には最もオススメではあります。質の高いサービスや付帯保険は、他カードで補うことも出来るからです。

ANAカードとTo Me CARD PASMOが一つになっているため、この部分においては1枚でOKですし、他の質の高い優れたカードを1枚追加してもそれほど管理が面倒にならない点は逆にメリットです。※通常なら3枚になったりしてしまうため。

詳細は公式サイトでもご確認下さい。