UCSカードの特徴

UCSカードの特徴(おすすめポイントや弱点)

noimg

年会費:永年無料
付帯保険:ショッピング安心保険、カード盗難保障
発行:1ヶ月程度
申し込み目安:満18歳以上(高校生除く)で安定収入のある方、電話連絡可能な方

※20歳未満の方は親権者の同意が必要

公式サイト>>UCSカード

UCSカードのおすすめポイント!

・Uポイントプログラム
・サークルK・サンクスでお得
・ガソリン代の節約も可能

UCSカードは日本国内・海外で幅広く利用することが出来る、UCSのスタンダードカード(年会費無料)です。

お得なおすすめポイントとしては、Uポイントプログラムがあります。

ショッピングご利用200円につき1点ポイントが貯まります。貯まった累積ポイントに応じて商品券などと交換出来ますが、実用性の高い商品と交換できる特徴があります。

※1,000点以上貯まると交換が可能になります。1,000点=交換金額1,000円。

例えばユニーグループ商品券はもちろん、図書カード、三井住友ギフトカードへの交換、JMBへのマイル移行、または寄付などが可能です。また、USC交換ショップでその他の商品と交換も可能です。

続いて、「サークルK・サンクスでお得」についてですが、UCSカードはサークルK・サンクスでもUポイントが貯まります。(カードで支払う)

毎月の請求書の利用合計金額に対して貯まるため、少額の支払いでも使っていけば徐々に貯まります。

また、毎週土・日曜日はUポイント2倍デーで、UCSカードで支払いするとUポイント2倍になります。

そのため、コンビニの中でも特にサークルK・サンクスをよく利用する方にはおすすめなクレジットカードの一つです。

次の「ガソリン代の節約も可能」は全国にあるガソリンスタンド宇佐美にてガソリン、軽油、灯油がUCSカードで2円/L引き、タイヤ・オイル・バッテリー交換などは5%引きになります。※店舗により取り扱い出来ない商品も有り。

そのため、宇佐美をよく利用する方にもおすすめなカードです。

UCSカードの弱点は?

旅行傷害保険などは付帯していないので、付帯保険を重視する方は魅力が少ないかもしれません。また、特徴が少ないと感じる方もいるようです。

ただ、ワンランク上のUSCゴールドカードもあります。年会費も初年度無料で2年目も3,000円程度なので比較的手軽なゴールドです。しかも、旅行傷害保険も付帯し、空港ラウンジサービスが利用できます。

また、UCSドラゴンズカードというドラゴンズファンにとってはとても魅力があるカードもあります。年会費300円かかりますが、カードデザインも良いですしドラゴンズの勝利でポイントが貯まったりする特徴があります。

中日ドラゴンズ承認カードですのでドラゴンズファンの方は是非チェックしてみて下さい。

詳細は、UCSカードの公式サイトでもご確認下さい。