横浜インビテーションカード(ハマカード)

横浜インビテーションカード(ハマカード)のおすすめポイントや弱点を紹介

noimg

年会費:無料
付帯保険:ショッピングプロテクション、盗難保険など付帯
海外旅行傷害保険:最高2,000万円
国内旅行傷害保険:最高1,000万円
発行:約1~2週間程度※要確認
申し込み資格:18歳以上で電話連絡可能な方(高校生除く)

※未成年の方の場合は親権者の方の同意が必要。

横浜インビテーションカードのおすすめポイント!

・年会費無料なのに保険が充実
・美しいカードデザイン
・優待サービス「J’sコンシェル」

まず、当サイトが考える、横浜インビテーションカードの最大の特徴は付帯保険です。

年会費無料であるにも関わらず、海外旅行傷害保険が最高2,000万円、国内旅行傷害保険も最高1,000万円です。また、カード盗難保険、ネットあんしんサービス、ショッピングプロテクション(最高100万円/90日間「自己負担額3,000円)」)も付帯です。

格安のゴールドカード(20代向けのような)と比較しても、考え方によってはそれほど差はないと言えるレベルです。

そのため、年会費無料ということを考えると、非常に質が高いカード(特に保険に関しては)と言えるでしょう。

続いて、「カードデザイン」についてですが、これは個人的な感想ではあるのですが、カードのデザインが良いと思います。

このカードは、横浜観光プロモーションより認定を受けたカードで、横浜の美しい夜景をモチーフにしています。横浜に馴染みがある方には嬉しいクレジットカードだと思います。

※しかしながら、以前にあった横浜優待割引サービス『濱割』(ハマ割)は現在はなくなっているようです。この点は残念ですが、今は以下で簡単に説明する「J’sコンシェル」という優待サービスが付いてきます。

次の、「優待サービス「J’sコンシェル」付き」も見逃せないおすすめポイントです。

J’sコンシェルは、ベネフィット・ワンと提携した会員限定の優待サービスでお得な優待サービスを受けることが出来ます。

例えば、国内宿泊や映画、サロンや日帰り温泉などでお得になります。また、健康や介護といったサービスもあり総合的に使い勝手が良いです。

個人的には、語学スクール、例えば英会話のイーオンの入学金が無料になるといった部分にも注目しました。

とても使い勝手の良い嬉しいサービスを受けることが出来ます。

※詳細は公式サイトでもご確認下さい。

横浜インビテーションカード(ハマカード)の弱点は?

デメリットを挙げるとしますと、ポイント還元率が低いです。そのため、総合的にみてメインカードをこれ1枚にするという意味では少し弱い部分があります。

ただ、上記のように年会費無料な上に付帯保険がかなり充実しているカードなので、2枚目(サブ的な意味でも)などで手元に置いておくメリットはあると思います。

気になる方は、公式サイト(JACCS)でもご確認下さい。