ブラジルの空港を利用する場合

ブラジルのイメージ画像

日本から見たら地球の裏側のブラジル。

距離的には遠い国ではありますが、歴史的には身近な国でもあります。1908年、最初の日本人移民がブラジルのサントスへ渡ってから100年以上の絆を持つ国とも言えます。

また、ブラジルと言えば元々サッカーというイメージですが、2014年のサッカーワールドカップが行われましたし、2016年にはオリンピック開催され、日本から行く方も多くなったのではないでしょうか?

ということで、当コンテンツはゴールドカードのページですので、ブラジルへ行くことを考えている方へ、少しでもお役に立てるよう簡単にカード情報(空港ラウンジ無料利用可能になる)を紹介したいと思います。

まず、こちらのページで紹介しているプライオリティパス提携カードを作っておいて損はありません。詳細は上記ページと重複しますので省きますが、世界600以上の空港ラウンジを無料でご利用可能です。

当然ブラジル国内の空港ラウンジも使えるところが多数ありますので、会員になるか、プライオリティパス提携カードがあると便利です。

当サイトでは楽天カードのゴールド(プラチナカード)をおすすめしています。年会費10,800円と格安ながらプライオリティ・パスに無料で申込みが可能です。

楽天プレミアムカード

プライオリティ・パスの登録で利用可能空港ラウンジのリストは、以下のサイトで検索可能です。

https://www.prioritypass.com/ja/airport-lounges

次に、あまり知られていないようなのですが、ダイナースクラブカードをお薦めしたいと思います。その理由としまして、実はダイナースクラブカードもブラジルの多数の空港ラウンジが無料利用(会員本人)できるからです。

以下に利用可能空港を紹介致します。

・クンビッカ国際空港(サンパウロ)
・ゴンゴニャス国際空港(サンパウロ)
・ガレオン国際空港(リオデジャネイロ)
・グァルーリョス国際空港(サンパウロ)
・エドワルド・ゴメス国際空港(マナウス)
・グァララペス国際空港(レシフェ)
・サントスデュモン空港 (リオデジャネイロ)

※上記は2014年~16年あたりのものです。変更されている可能性があります。修正予定ですが、より正確な情報、具体的な詳細は公式WEBサイトでご確認下さい。

プライオリティパス提携で利用できる空港と一部同じですが、やはり大都市であるサンパウロとリオデジャネイロを中心としています。

プライオリティパス提携カードと両方所有していればほぼ完璧ではありますが、個人的にはブラジルだけで考えると、ダイナースクラブカードだけでも十分対応可能であると思います。もちろん、目的や場所は人それぞれですので、空港を比較して検討してみて下さい。

ダイナースクラブカードは、その高いステータス感もさることながら、サービス面、特に海外旅行保険も充実しております。

カードの種類にもよりますが、「ダイナースクラブカード」ですと、海外旅行傷害保険1億円、ショッピングリカバリー・500万円となっております。さらには傷害治療費用、疾病治療費用も200万円限度で付いています。

このページではブラジルについて書いておりますが、もちろんブラジルだけピンポイントで良いというわけではありません。海外へ良く行く方には総合的におすすめなカードですので、是非公式サイトでもチェックしてみて下さい。

関連:旅行によく行く

関連:海外へよく行く(ゴールドカードがおすすめ)