学生だと限度額はどのくらい?

私は学生(大学生)ですがクレジットカードを持とうと考えています。

学生の場合、やはり限度額は低いのでしょうか?

また、目安としてはどのくらいが考えられますか。

回答

一般的には学生の場合、限度額は少なめに設定されるようです。あくまでも目安ではありますが、5~10万円、多くても20万程だと思われます。

これは私の周囲で調査をしても、最初はだいたいそのくらいでした。

実際、私も大学生時代に一枚クレジットカードを作りましたが、限度額は10万円でした。

複数カードがあったりするわけでもないですし、もちろん、他に借入(キャッシングや学生ローンなど)など全くない状態でしたが、10万円と今考えると低い限度額でした。

専門学校に行っていた友人も同様でしたので上記のような目安だと思われます。

ただ、アルバイトをしている場合であれば、学生のみとしてではなく、学生+バイト(ある意味フリーター的な)のような形になることもあるので学生専用的なカードではない普通のクレジットカードも申し込むことは可能です。

また、私(このページの執筆者)の体験談ではありますが、学生時代は10万円という限度額でしたが、卒業後に限度額は次第に上がっていきました。(就職したためだと思われますが)段階的ではありますが、比較的はやく50万円以上になりました。

学生カードについて

個人的には学生であるならば学生カードを持つことが良いのではないかと思っています。

その理由としましては、学生向けに作られているのはもちろん、卒業後しばらくしたり、満26歳以降に、質の高いカードに切り替わったりするメリットがあるからです。

例えば、三井住友VISAデビュープラスカード(学生)は満26歳以降最初のカード更新時にプライムゴールドカードへ自動的にランクアップします。

つまり、学生のうちにデビュープラスカードを作っておき実績を積んでおけば、何も問題なければ26歳になったら三井住友VISAのゴールドカード(まずはプライムゴールドカードですが)が持てるというわけです。

この他にも学生向けクレジットカードは多くあります。

個人的には上記の三井住友VISAデビュープラスカードドやJCB CARD EXTAGE、学生専用ライフカード、またはDCカード Jizile(ジザイル)やMUFGカード スマートなどもオススメです。

まとめ

学生だとクレジットカードの限度額は低め(目安として10万円程)になりますが、卒業後のことを考えると学生のうちに作っておくメリットは結構あります。

特に、質の高い会社の学生向けクレジットカード(例えば、三井住友VISAやJCB、三菱UFJニコスなど)を所有しておけば、卒業後やしばらくすると、一般カードやゴールドカードを持てる可能性があるからです。

※詳細は各クレジットカード会社の公式サイトでもご確認下さい。

関連:学生向けカードなら