限度額が下がりました

生時代から持っているクレジットカードで、少しづつ限度額が上がっていたサブとして使っているカードの限度額が下がったようです。

あまり使用していないのですが、時々ピンポイントで使うことがあり、普段使用していないこともあってか、すっかり忘れてしまい支払い日に決済(引き落とし)が出来ずに送られてきた紙(コンビニ等で払う紙)で後から払うということを数回したことがあります。

もちろん、それが原因かはわかりませんが、いずれにしてもかなりの額、限度額が下がってしまいました。考えられることはどのようなことがあるでしょう?

回答

通常、限度額が引き下げになっても理由はわからないのであくまでも一般論、当方の体験談などによる回答になりますが、ある時、比較的いきなり限度額が下がるということは意外にもあるようです。

考えられる理由としては以下のようなことがありえます。

・支払いの遅延
・新たに他でローンを多額に組んだなど(他関連)
・カード会社の審査見直し

上記のようなことがありえます。

まず、上記の、「普段使用していないこともあってか、すっかり忘れてしまい支払い日に決済が出来ずに送られてきた紙(コンビニ等で払う紙)で後から払うということを数回したことがあります。」にもありますが、支払いの遅延は基本的によくありません。

もちろん、きちんと連絡し、1回、2回ですぐどうかなるということもないケースもありますが、一般的には支払いの遅延が続けば、クレジットカードが使えなくなったり、限度額が下がったりすることはありえます。

続いて、新たに他でローンを多額に組んだなど(他関連)ですが、他のカードでの利用や、キャッシングも含め、今までより債務が増えた状態になってしまうとカード会社の審査の見直しの際に限度額が引き下げられる可能性もありえるかもしれません。

例えば、リボ払いの残高が多くなっていて新たに他の利用が増えれば全体的に残高が多くなるからです。

ただ、リボ払いが一括払いになるわけではなく、その引き下がった限度額まで使用できないという形になるかと思います。

体験談

当サイトの管理者(このページの執筆者)は、限度額が80万円のメインで使っているカードが30万円まで引き下がってしまったことがかなり前ですがあります。

審査の見直しがあったようで、ハガキでお知らせがありました。

80万円が30万円まで下がったので結構きつかったことを覚えています。

当時収入が不安定になっていた時期な上に、リボ払いが多くなってしまっていて、たまに銀行引き落としが出来ず後から払うということを繰り返していた時期があったので恐らくそれを含めて審査の見直しで引き下がったのだと思われます。

※もちろん、これだけが原因ではなく、総合的に判断されたのだと思います。収入により限度額(他を合わせて全体の)が変わるはずだからです。

その後、収入が安定してきたこともあり、コツコツ返済していき、ある時リボ残高を0にしましたが、下がる前の限度額80万円まではその時は戻りませんでした。下がったままの30万円とのことでした。

結局そのクレジットカードは解約してしまったのですが、その時思ったのは、一時は順調に80万円まで限度額が上がっていったカードであっても、下がるときは突然下がり、さらに残高0の状態にしても簡単には元には戻らないんだなと感じました。(※あくまでも私の場合です。)

あとは、限度額がいきなり下がると、特にリボ払いの場合、「一括で払わないといけないのかな?」と不安に思ったのですが、これに関しては私の場合は大丈夫でした。

要は、枠が空くまで使用出来なくなるだけです。つまり、先ほどの事例では80万円から30万円まではただ返済していくだけになります。また、例えば、残高が28万円までになれば2万円は使用出来ます。

今回は私の事例で簡単に説明しましたが、人によって状況は変わると思います。

ただ、クレジットカードの限度額が下がるということはあります。

なるべく防ぎたいのであれば、上記で考えられる理由として挙げた点に注意することも大事かと思います。また、リボ払いの残高についても、なるべくなら少なくしていく方が私の体験談での話にはなりますが良いような気はします。

繰り返しになりますが、上記は私の体験談になります。人によって状況は変わると思いますので、限度額がいきなり下がったりした場合はにカード会社に連絡して詳細を確認するようにしましょう。

定番人気カード&いま注目のカード

三井住友VISAカード・・・信頼と安心の1枚。入会キャンペーン有り

エポスカード・・・特典が豊富!即日発行も可能

VIASOカード・・・年会費無料で高品質かつ高還元。最短翌営業日発行

楽天カード・・・定番の人気カード。新規入会特典有り

その他のおすすめクレジットカード一覧