OMC Plus・「わくわくポイント交換、限度額変更の手順など」体験談

OMCカードの会員専用インターネットサービス(OMC Plus)は便利です。

当サイトの管理人(このページの執筆者)も利用しており、OMCカードの特徴ページでも少し書きましたが限度額の変更が非常にスムーズに出来ます。

通常、電話などで申し込むことも多いのですが、これに関しては画面内でほぼワンタッチで可能でした。

また、わくわくポイント交換についても数回体験しているので、それら体験談も含めOMC Plus内での操作方法(インターネットサービス画面)を以下に紹介します。

2014年時点の画面内容です。

[わくわくポイントの交換]

まず、会員専用インターネットサービス(OMC Plus)にログインします。OMC Plus(オーエムシープラス)へ登録されていない場合は登録をします。(ログイン画面の右エリア)カード会員の方なら誰でも無料で登録可能です。

次にわくわくポイント照会・交換をクリックします。以下のような画面が出てきますので交換したい商品券、グッズ、マイル/他社ポイントから選びます。寄付も可能です。

わくわくポイント照会・交換の画面

商品券を選択すると「ご本人確認」のページに入るのでIDやパスワード、生年月日を入力します。(再度認証)

次のページにて賞品名をチェックし、交換ポイント数を選択して「交換する」のボタンを押します。

Amazonギフト券(カードタイプ)と交換したい場合は、以下の画面であれば一番上にチェックを入れます。

商品券チェック画面

また、マイル/他社ポイントに関しても同様です。寄付は1000ポイントより交換可能です。希望の団体にチェックしてポイント数を選択します。

グッズに交換は条件で探して選択します。検索してみるとわかりますが、意外と面白いアイテムや便利な商品(電化製品や折りたたみ自転車などもある)が揃っています。

ポイントを沢山貯めて色々検索すると楽しみが増えそうです。※2014年6月の画面情報です。

[限度額変更の申込みは簡単]

利用限度額の変更(増額の申請)は、お客様情報にあるリンクや左サイドメニューにあるリンクから設定画面へ移動します。

限度額変更画面

希望のご利用限度額、年収などの入力をします。規約を確認したら「同意して申し込み」ボタンをクリックです。

申込みの電話などもなくそのまま完了しました。

私の場合は、その後(数日後)、審査結果が郵送で送られてきました。限度額も増額され画面内でも利用可能額に反映されました。画面からの確認はかなりはやかった記憶があります。

ここまでの流れとしては他のカードと比較して、最もスムーズに出来たと感じました。

[その他]

お支払いの変更やローンの申込みも画面内で行うことが出来ます。

リボお支払いコースの変更や一部増額返済は、お支払いの変更にあるリンクから申込み可能です。希望の額を入植して「変更するボタン」をクリックします。

簡単ではありますが、上記が体験談を含めたやり方(操作方法など)です。

個人的にはOMC Plusは使いやすいインターネットサービスだと感じています。繰り返しになりますが、特に限度額の増額申込みがスムーズだったので気に入りました。煩わしい手続きは不要で、ほぼ全てネット内で完了したからです。(結果だけは郵送されてきましたが)

また、結果の確認までの日数も短く感じました。非常に良いシステムだと思っています。

あえてデメリットを言うなら、スマホでも操作しやすく対応して欲しいです。※2015年時点の情報です。

その点だけ見れば、楽天e-NAVIはオススメです。(楽天カード会員のオンラインサービス)スマートフォンで見やすい、操作しやすいからです。

定番人気カード&いま注目のカード

三井住友VISAカード・・・信頼と安心の1枚。入会キャンペーン有り

エポスカード・・・特典が豊富!即日発行も可能

VIASOカード・・・年会費無料で高品質かつ高還元。最短翌営業日発行

楽天カード・・・定番の人気カード。新規入会特典有り

その他のおすすめクレジットカード一覧