勤務先が自宅の個人事業主が楽天カードの申込み

[30代・自営業・勤務先は自宅]

私は、一応、個人事業主(開業届出も提出)として活動しているのですが、自営業としては駆け出しで、確定申告前の状態です。

また、自宅兼事務所のような形なので勤務先は自宅です。

一般的に見れば、開業届を提出しているだけで、実態としては無職に近い状態とも言えます。(もちろん正確には無職ではなくて個人事業主ですが確定申告前の状態のため)

また、収入はありますが、親の援助(食費)も少しあるため、人によっては「それはニートにも近いじゃないか」と言われるかもしれません。勤務先も自宅ですし・・・。

そのような状態ですが、クレジットカードが何かと必要になりました。しかしながら、社会人時代にクレジットカードを所有していなかった(正確には途中でいらなくなって解約してしまった)というミスもあり、この状態で申し込むしかなくなってしまったのです。

そこで、色々と調べたり問い合わせたりした結果、楽天カードは申込み自体は可能ということだったので申込みをしてみました。

状況としては、上で書きましたように、確定申告前の個人事業主で勤務先は自宅です。固定電話は有りです。(但し自宅と同じ)

他社の借り入れは某地方銀行のカードローンが30万円程ありました。支払いが遅れたりしたようなトラブルは一度もありません。

まず最初に、楽天カードコンタクトセンターに電話をして、上記のような状態でも申込みが可能かを問い合わせしました。そうすると、申込みは問題なく可能とのことで申込みをしてみた次第です。※申込みは可能ですが審査があるのでカードが作れない場合もありえます。

ただ、問い合わせをした際、キャッシングを希望する場合は、状況(50万円以上になる場合だと思いますが)によっては収入証明書が必要になるとのことでしたので、今回はキャッシングを0万円にしました。

上で書きましたように、確定申告前の状態で収入証明書がないからです。

逆に言えば、キャッシングをつけない場合は、私のような状況でも申込み自体は可能というわけですね。ちなみに、年収に関しては概算で良いとのことでしたので、現在の収入からおおまかに記入しました。確定申告前とはいえ収入はある程度実際にあったからです。

また、勤務先は自宅ですので、自宅の住所および自宅の電話番号を記入しました。

この点に関しては審査の途中の段階で、聞きたいことがあるという感じで電話がかかってきて、上記説明をしました。そのため、その後自宅に電話がかかってきましたが、これは勤務先への確認電話という形になったようです。

この時点でそこが確認出来れば審査に通過しそうだという感じはしました。

その後しばらくしてもう一度電話があり、審査に通ったことがわかりました。限度額は30万円でしたが状況を考えるととても良かったなと思いました。

楽天カードは今も使用しておりますが、リボ払いにも柔軟に対応できるし、何と言ってもポイントが貯まりやすいので非常に便利に使っております。ちなみに、現在は数年経過し、限度枠は50万円になっております。

関連ページ:楽天カードの特徴

まとめ

楽天カードに限りませんが、個人事業主でも問題なく申込みは可能です。また、勤務先が自宅でも問題ないようです。

あとは、キャッシング無しであれば基本的には確定申告前の状態でも申込が出来ます。ただ、似たような状況の方は、念のため事前にコンタクトセンターなどに問い合わせるとより良いかと思います。

楽天カードに関しては、私も使っておりますが、審査は色々とスムーズだと感じます。WEB上でも可能なのはもちろん、コンタクトセンターも年中ほぼやっているので便利だからです。日にちによって非常に繋がりにくいというデメリットはありますが、オペレーターの方も丁寧ですし、電話によるコンタクトセンターの印象は個人的に良いです。

なお、話しを戻しますが、今回のポイントとしては、やはりキャッシング枠を付けないという点が挙げられるかと思います。

キャッシングを希望する場合は、状況によっては収入証明書が必要になるかもしれないからです。

定番人気カード&いま注目のカード

三井住友VISAカード・・・信頼と安心の1枚。入会キャンペーン有り

エポスカード・・・特典が豊富!即日発行も可能

VIASOカード・・・年会費無料で高品質かつ高還元。最短翌営業日発行

楽天カード・・・定番の人気カード。新規入会特典有り

その他のおすすめクレジットカード一覧