ブランド品を買うためにクレジットカードを作ってしまった事例

[20代・自由業・ミニトマトさん(仮名)]

私は、田舎から出てきて、将来やりたいことの勉強をしながら飲食店(夜間)にて不定期で働いているものですが、周囲の知人が皆良いアクセサリーや時計、バッグ、洋服を持っていたり、髪の毛も常に綺麗だったりで、いつも羨ましいなと思っていました。

ただ、私は勉強をしつつ不定期で働いている&一人暮らしなのでそれほどお金に余裕はありません。

なので、全部完璧に真似したり揃えるのは無理だと思い、せめてバッグだけでもブランド物に・・・ということで、クレジットカードで購入することにしました。手元にお金はあまりありませんが、少し前に事前にカードを作っていたからです。(ある意味ブランド物が欲しくてクレジットカードを作っていた)

今まで借金が0だったことや一応収入があることもあったからか、クレジットカードの審査には問題なく合格しました。

限度額の問題もあるので、エルメスのバーキンなどは買えませんが、欲しかった念願のルイ・ヴィトンのバッグと財布を購入しました。

バッグをブランド物にしただけでだいぶ印象が変わるものだなと、出勤するときワクワクしたのを覚えております。

リボ払いを利用して購入したのでそれほどの負担は感じませんでした。金額も2つで20万円くらいでしたのでコツコツと支払っていたらいつの間にか終わっていました。もちろん、中々減らないなとは思った時期もありましたが、それでも金額が少なかったからか意外と簡単に返済が終わりました。

ということで、当時、ブランド物購入のためにクレジットカードを作ったようなものですが、私にとってはカードがあってありがたかったというか助かったという印象があります。現金一括払いではとても購入出来なかったので・・・。

ただ、あれからしばらくして、また物欲が湧いてきてしまっております。洋服やアクセサリーなど欲しいものはつきません。

当時、クレカのリボ払いであんなに簡単に購入できてしまったというのもあり、色々と購入検討しています。

しかし、前回同様にお金に余裕はないので、購入はカードのリボ払いになると思います。ちょっと躊躇する面もありますが、返済し終わって着なくなったら売れば良いしと思うと買おうかなという方向に傾いています。

まとめ・当サイト管理人の見解

確かに、クレジットカードのリボ払いは使い方次第ではとても助かる場合があります。今回は、現金一括払いで購入出来ない欲しいものを無事入手が出来て助かったとのことですね。

ただ、注意点もあるので、余計なお世話かもしれませんが、以下に私の体験談を含めて紹介したいと思います。

実は私も、若いときにブランド物を買い漁っていた時期があります。

リボ払いは使ったことはありませんが、クレジットカード(一括払い)で買っていたこともありますし、カードローン、キャッシングして買っていたこともあります。また、パチンコで大勝ちしたときなどに一気に買ったりしました。

財布に時計、スーツやインポートブランドの洋服などです。

今となっては何であんなに買っていたのか?と思うこともあるのですが、もう5年以上前、または10年以上前の物もありますが、ある時お金に困り、質屋に買取してもらいに行ったことがあります。(質入れにしたものも有り)

あまり使わなかった財布とロレックスの時計はとても満足出来る買取価格でしたが、洋服に関しては二束三文・・・、涙ちょちょぎれるという感じでした。

いくらブランド品でもやはり古着扱いですし、モンクレールという比較的高額(購入時は10万円など)なダウンジャケットでさえ数千円レベルでしたので・・・。

ちなみに、ヴィトンはセーターかカーディガンのような高額な服が3,000円でした・・・。勿論、正規購入品です。

普通の服は買取不可または500円~とかでした。普通といってもドルガバやアルマーニなどフランド物がほとんどでしたが。

※もちろん、私が行った買取店での話です。他は違うかもしれません。

ヤフオクなどに出せばもう少しいったかもしれませんが、結局は古着ですし、扱いが難しい(こちらが綺麗だと思っていても汚れていると感じるかもしれないなど)と思いやめました。

そこで思ったのが、富裕層ではない私が洋服に必要以上にお金をかけてもあまり意味がないなと思いました。古着になったら売る時に二束三文、涙ちょちょぎれなので。

お金持ちは将来的に売ることもないでしょうし、誰かにあげたり、処分したりするのだと思いますが、私のようなケースだとお金がなくなると売りにだしますからね。

また、今では服はユニクロやしまむらで買ってますし、ちょっとスポーティーに贅沢したいとき、カッコつけるときは「adidas」とかで十分になりました。スーツも普通のが数着あれば十分です。

もちろん、私は男というのもあるのか、年齢を重ねて最近はこのような考え方になりましたし、もちろん趣味は人それぞれで良いと思ってはいますが、今回、ミニトマトさんはクレジットカードのリボ払いを利用とのことですので、そうなるとやはり注意して欲しいなと余計なお世話かもしれませんが思ってしまいました。

リボ払いは借金と変わりませんし、手数料がかかってくる上に返済が長期化しがちなので支払い総額が大きくなってしまうからです。

また、ブランドにもよりますが、服とかは上記の通り着なくなって将来的に売りたいなと思ったときもあまりお金にならないことも多いですし。

なお、リボ払いも使い方次第でとても助かる場合もあるのページ自毛植毛とその他の薄毛治療でクレジットカードを利用(リボ払い)のページのように、使い方次第ではリボ払いは便利です。

ただ、今回は緊急性もないと思われたし単純に嗜好品だと思ったのでお節介かとも思いましたが注意点を書かせて頂きました。

話が逸れましたので戻しますが、最初におっしゃられているように「将来やりたいことの勉強をしている」とのことですし、優先順位としてはそちらに集中してほしいなと個人的には思います。勿論、たまには息抜きも大事ですが。

また、「リボ払いで必要以上、身の丈以上(身分不相応)」にブランド洋服を買っても最終的にあまり良いことはないとは思いますよ。余計なお世話ですいません。

クレカ一括や現金一括であれば特に言うことはありませんが、リボ払いとなると繰り返しになりますが、借金と同じようなものですので。老婆心(当方は男ですが)ながら言わせて頂きました。

勿論、一つの意見ですので受け流してもらっても良いですが、頭の片隅程度に入れておいて頂けたらなと思います。

勉強の方、頑張ってください!

事例・体験談ページに戻る