さ行の用語一覧

セキュリティコード

カード裏面の画像
セキュリティコードとはカード裏面にある数字の下3桁のことになります。(Visaなどの場合)

※右の画像はイメージです。

インターネットショッピングなどでの不正利用防止のために使われていることが多いかと思います。ネット通販で購入の際、入力が必要な場合があります。

通常、わかりやすく説明があるので、手元のカードを手順通り見ればわかるようになっております。それでもわからない場合はカード会社に問い合わせると良いでしょう。


実質無料、実質割引

年間50万円のカード利用で次年度年会費無料といった、無料にするのが比較的簡単(カード利用が多い方であればほぼクリア可能)な場合にも使います。

実質割引は、例えばカードを利用してポイントが付与される場合、(金額に対してポイントが付くので)結果的に割引になるという点で使われます。特にポイント還元率の高いクレジットカードを利用した際には大きいです。


3Dセキュア(本人認証サービス)

決済の時(クレジットカード利用によるオンラインショッピング、通販など)に利用されることがある本人認証サービスのことです。

※本人認証をする仕組みのようなものです。

対応しているクレジットカードは多いです。不正利用の防止のため使われます。

体験談としては、一般的なネットショッピングでもありましたが、それよりオンラインゲーム等で何かを購入するときにこの認証経由が必要なことが多かったです。


在籍確認

言葉の通り、在籍を確認することになりますが、クレジットカード関連用語としては本人、在籍確認としてカード申込み者の勤務先へ電話などで確認することを言います。

また、場合によっては自宅や携帯電話にも連絡があります。車のローンや、キャッシングなどでも同様にありますが、それと同じです。

ただ、クレジットカードの場合は、カード会社または人によっては電話による確認がないこともあるようです。当サイト管理人も複数のクレジットカードを作っていますが車のローンなどと比較すると確認の電話は現時点では少ないと感じます。


ショッピングセイバー(買物保険)

問い合わせのときなどに、よく「セイバーは」という方がいますが、基本的にはショッピングセイバーのことかと思います。大きく簡単に言うと買い物保険です。

通常、購入した商品が破損したり、火災や盗難などの事故により損害を被った場合に補償される保険のことです。カード会社によって呼び方が多少違う場合があります。


NEXTページ≫た・な行の用語一覧