た・な行の用語一覧

デビットカード

デビットカードとは、例えばVisaのマークがある店舗で預貯金口座から支払いが出来るものです。口座に残高がない場合は使えません。残高の範囲内で利用出来ます。

Visaのマークがある店舗で利用できる点だけ見ればクレジットカードと同様です。クレジットカードとの違いとしては支払い方法(デビットカードは即時)、支払いの回数、申込み審査の有無などが挙げられます。18歳未満の方や、何らかの事情でクレジットカードが作れない方でも似た使い方が可能な便利なカードです。

上記はVISAデビットについてですが、国内ではJ-Debitも御座います。


提携カード

クレジットカードには、主にプロパーカードと提携カードの2種類がありますが提携カードとはその名の通り、色々な企業などと提携して発行しているクレジットカードのことです。

提携先での利用でメリットがあることが多いです。(優待)

上でも書きましたが、同時によく出てくる言葉として、プロパーカードがあります。詳細は、は行の用語一覧を参照下さい。


年会費

年会費とはその名の通り、毎年請求がある会費のことになります。クレジットカード関連用語としてもそのまま年会費として使われます。

年会費:永年無料や、年会費:10,000円+消費税など。

また、初年度だけ年会費無料なども御座います。


遅延損害金

簡単に言うと、遅延(債務不履行)による損害金(損害賠償)のことです。※利息とは違います。

つまり、クレジットカード関連用語としては、支払い期限までに支払いがされない場合に発生する損害金のことでもあります。


入会目安(申込み基準)

クレジットカード専門用語としては、カードの申込みが可能である基準や目安(お申込み対象)のことです。

例えば、18歳以上の方、20歳以上の方、高校生は除く、大学生可、アルバイト・パート可、安定継続収入のある方、自営業の方、法人・団体等の代表者・役員または個人事業主などが挙げられます。

また、上位版カード(ゴールドカードなど)場合は年収○○○万円以上といった目安を記載していることもあります。


NEXTページ≫は行の用語一覧