ま・や・ら行の用語一覧

与信枠

与信とは信用を供与する意味ですが、その枠ということになります。つまり、簡単に言うと融資などの上限(限度額)です。人それぞれ設定されます。信用状態に対しての契約だからです。

クレジットカード関連用語としましても、与信限度額のことで限度枠内で利用できるものの意味ですので同様です。(利用限度額など)


有効期限

クレジットカード関連用語としましては、ポイント(マイル含め)の有効期限までの長さ(期間)のことで、簡単に言えばポイント獲得から失効(ポイントの消滅)までの期間です。

比較的長く設定されていることも多いですが、ポイントの消滅は痛いので定期的に確認しておく方が良いと思います。

ちなみに、永久不滅ポイントはその名の通り有効期限はないです。


リボ払い

リボルビング払いのことで返済方法の一つの方式です。月々あらかじめ設定した金額を支払う方法で月の返済額が一定になります。

ただし、分割払いのように期間および回数設定ではないので、きちんと管理していないと返済総額がわかりにくかったりするなどデメリットもあります。リボ払いには方式の種類があり、よく聞く残高スライド方式もリボ払いの一つです。


リボ専用

上記のリボルビング払い専用という意味です。つまり、リボしか出来ないクレジットカードです。

便利ではありますが、ちょっとした買い物もリボ払いになりますので当然ながらお得にはなりいくいです。そういう意味では不便です。また、普通に使ったら全てリボになる点、借金と同じということでもありますので特に必要ない方は通常カードだけで問題ないかと思います。

体験談としては、「一括払いで」と言って購入しても後から自動的にリボになるカードもあったので便利でした。また、年会費やポイントが付与されやすいというメリットがあるカードもありました。

ただし、やはり全てリボになるということは残高が残ってリボ払いにて返済していくことになります。その間にも使うこともあるので返済総額としては大きな金額になってしまいました。

ただ、自己管理が出来る方であれば確かに便利なカードですので使い方次第ではあると思います。


旅行傷害保険

旅行中に傷害・損害といった何らかのトラブルを負った時に補償してくれる保険のことで多くのクレジットカードに付帯しています。国内旅行と海外旅行があります。

※年会費の安いクレジットカードには付帯しない場合、またはどちらか1つの場合も有り

例えば海外旅行傷害保険であれば、海外旅行中の万一の事故による怪我、病気、死亡・後遺障害、治療費用、携行品の盗難や破損などまでを補償する保険です。そのため、特に海外旅行傷害保険(付帯)はクレジットカード所有のメリットの一つです。

参考:海外旅行傷害保険付きカードの活用

また、自動付帯と利用付帯(旅行の代金、費用をカードで支払った場合など)があるので事前にチェックすることもオススメします。

中には、年会費が無料なのに海外旅行傷害保険が「自動付帯」という優れたカードを探すもあります。


利用可能枠、可能額

利用が出来る枠のことで、簡単に言うと今あいている枠(利用が可能な枠)です。利用が0の場合はMAXまで可能という意味です。

例えば、100万円が利用限度額で利用残高が10万円なら利用可能枠は90万円ということになります。


NEXTページ≫あ行の用語一覧に戻る